返信先: v サンプ29節(4/3)

#233
カカニスタ22カカニスタ22
キーマスター

>>マツモトさん

中々カウンターができないというのが、ここ最近のミランの得点力不足の原因であると僕も思います。

相手チームもその辺を分かってるようで、フィオレンティーナなんかはかなりリスクを排したロングボール中心の攻撃をやっていた印象ですし、後方から丁寧に組み立てようとした相手は最近だとローマ位だったかなと。そのローマはミランのプレスの餌食になって被カウンターを誘発し、ミランとしては久々に攻撃が上手くいった試合になっていたと記憶しています。

後はカウンターの中心になるべきアタッカー(レビッチ、レオン)の不在も大きいと思います。両サイドがクルニッチやカスティジェホでは中々ボールを運べませんし、頼みの綱となるべきテオもこのところ不発。
ただ、この点については主力の復帰、コンディション回復と共に改善が見られる部分だと思います。ですので、今後の重要問題としては最初に挙げた「カウンターをさせまいとする相手」に対する打開策を見つけられるかという点かなと。