返信先: 第32節 サッスオーロ戦

#418
アバタードドン小西
参加者

マツモトさん
こうやって議論できるのは
楽しいですね✨
右SBはカラブリアが久々の先発で、
ボガのケアに苦労していたように
思います。サッスオーロ戦以前はご指
摘のようにリトリートする場面が多く
見られたと思います。彼が離脱中であ
り、攻守面で劣るカルルがファースト
チョイスだったことも影響しているの
かなと。テオも流石に対戦相手に対策
されているので高い位置を取りずらい
もしくはある程度の制約(右サイドと
のバランスなど)があるのだと思いま
す。
レビッチ→マリオはラスパドーリ投入
でいよいよ押し込まれ、しっかり守り
カウンターをねらう上で、疲れの見え
レビッチ替えたと受け止めています。
失点についてはラスパドーリを褒める
ほかないと思っていて、1点目はズル
ズル下がったディフェンスラインの前
のスペースで受けて右の味方(誰かは
わすれちゃいましたが)にハタキ(こ
れもよく見えてたなぁ)デフェンス陣
の視線がボールにいった瞬間にペナに
侵入して折り返しをもらって流し込ん
でいるのでどうしようもないかなと。
2点目はケアーの持ち上がりからマズ
い失い方をしてしまいショートカウン
ター。
ベラルディに相対したテオの対応も
寄せが甘かったので悪いのですが、
またもペナのポケットに侵入したラス
パドーリにトモリが反応しています。
が、ファーストタッチで見事にボール
をトモリから遠い位置にコントロール
して触ることすら許さない状況を作っ
て流し込む。Bravo‼️これはコンビネ
ーションと彼のビジョンと技術を褒め
るしかないなと感心しました。

ただ、おっしゃるように最終ラインを
下げすぎたことでバイタルで好き放題
やられ、サイドの深い位置まで運ばれ
てのマイナスの折り返しを許したこと
は最大のミスでしょうね。アレをやら
れると正直止められないでしょうね。
体の向きも視線も斜め後ろを向いてい
る状態でマイナスの折り返し、まず反
応は難しいし、そこに正面を向いた相
手選手(主に2列目の選手)が飛び込
むとやられますよね。そのとき誰が
その選手を捕まえるのか、、理想は同
じ2列目の選手や逆サイドのSBが絞っ
て対応する、、なんでしょうけれど、
そもそも深い位置に入られた時点で後
手に回らざるを得ないので難しいのか
なと。反応が遅れますからね。

ハウゲについてはこのトピ内でのAki
さんへの返信で触れていますが、攻守
両面で使いずらい状態なのでしょう
守りを固めてカウンターとなれば尚更
かな。そういう意味ではトナーリを入
れてもよかったのかなと思います。

ピオーリは悩んだでしょうし、意図し
ていたであろうラインを下げすぎず、
前線と最終ラインをコンパクトにして、
しっかり守りカウンターという展開に
ならなかったことに忸怩たる思いがあ
るのではないか、、と想像しています

しかし、サッカーは面白いですね