返信先: 第38節 アタランタ戦

#479

小西さん、みなさん、やりましたね!!!!!
本当はみなさんと会って祝杯をあげたい気持ちです!

失望のカリアリ戦からの1週間。気が気じゃありませんでした。
ユーヴェ戦のような完勝ではなく、本当に苦しい展開でしたが、選手たちはよく耐えてくれたと思います。勝利が、CLが決まった瞬間の選手の喜びと、ジージョの涙。貰っちゃいましたよ。まさかそれから一晩でこんな展開が待っているとは、、、。

話を戻して、試合の感想ですが、
個人的にはMOMはサレマです。1点目に繋がるダイレクトパスだけでなく、攻守で本当によく集中して頼もしかったです。1年半前にベルギーからやってきた無名の少年がこの舞台で輝くとは。それが嬉しくて。
また、CBコンビも最高でした。今冬のトモリ獲得はフロントのファインプレイですね。安定感抜群のコンビは来季も継続してほしいです。
一方、べナセルは、最高のべナセルでは無かったと思います。来季はケシエもですが安心して休ませたいです。レオンはちょっと厳しいかなぁ。オファーがあれば売って、CFを補強して欲しいです。

みなさんと同じく、PK2本目でのジージョや、ケシエの超絶キープに涙しました。

0-5の悪夢。イブラの復帰とケアーの加入。コロナによる中断。明けてからの快進撃。イブラの再三の離脱とカピターノの不調で、一転CLが遠のく。崖っぷちでユーヴェに完勝。最終節で悪夢を払拭、CLへ。なんというストーリー!

シーズンMVPは、迷いましたがケシエ。理由は小西さんと同じです。
ただ、ケアーもMVP級だと思います。何度窮地を救ってくれたか。スタメンに名前があるだけで安心します。

このメンバーでCLへ行きたいですが、そうは行かないですよね。サヨナラになる選手にも心からの感謝を贈りたいと思います。

1999年5月23日。敵地でのペルージャ戦。このシーズンにミラニスタになった自分にとって初めてのスクデットに歓喜した瞬間です。それから22年。また歓喜の時を迎えることができ、ミラニスタで良かったと思っています。