返信先: 20-21カンピオナート振り返り

#487
アバターAki
参加者

ドドンさん、トピ立てありがとうございます。
今シーズン総括、何からどう書いて良いのか迷いますね。いつも以上に駄文になったらスミマセン。

◆チーム成績
 順位2位、勝ち点79 24W7D7L、74得点41失点
素晴らしい成績でした。半分しか出場できなかったズラタンを筆頭にコロナや怪我で多くの選手を欠いてしまい後半は大きく失速しましたが、それでこの成績はピオーリの手腕とチーム全員が奮闘した結果ですね。もう少し欠場が少なければもう少し優勝争いが出来たかもしれません。

◆MVP、次点ほか
 もう皆さん書かれましたが、やはりケシエですね。
 圧倒的運動量、広いスペースケアとフィジカルを活かした守備、キープ力とイザという時のゴリゴリドリブル(ゴリブル)、すべての安定感、稼働率、PKマスター、もう褒めるところしかないです。
 Gazzettaによる今年のセリエA選手でルカクに次いで2位(ロナウド3位)ですからね。もはや完全にワールドクラスです。

 次点は悩みますがケアーです。ケシエ同様の安定感(CBなのでもっと重要)で抜かせないしクロスは全て弾くし頼もしすぎます。欠場も少ない(たぶん)です。32歳ですがスピード頼みでないので、まだまだ活躍が期待できますね。
余談ですがチームいちのイケメンだとも思います。

 続くのはカラブリア。数年見てきましたが、今シーズンなんでかわからないくらいの急成長で大活躍でした。なんといってもサイド守備が素晴らしかったです。難敵相手を多く完封してくれたのが、今年強豪相手に勝ちを上げられた大きな要因かと思っています。時折なかに切れ込むドリブルも、なにげにかなり上手いシュートも好きです。クロスもう少し精度を上げて欲しいですね。

 ズラタンは特別賞。
19試合15得点はかなりの数字で、アシストやそれ以外の存在感が大きく出場すればだいたい中心的に活躍してくれましたが、19試合欠場は痛かったです。ただピッチ外での存在感がとてつもなく大きく、考慮が難しいので特別賞としました。

 本当は他に2位か3位に入るであろう人がいるのですが、今は冷静に判定できない気がするので選外にしておきます。

 こう振り返るとハカンは6位以下とスタメンの中位なので、やはり要求年俸€5Mは高すぎますね。

 時間を見てダークサイド(ネガティブ面)も振り返りたいと思います。